ピアノと暮らす

2.音でお話する
 
ピアノを弾くために大切なことは、たくさんありますが、
まずはなんといっても、音楽が好きで、
心で音楽を感じられること、だと思います。

感性が豊かになると、感じたものを表に出そうとする力が
強くなります。
「きれいだなあ」と思えばこそ、うたいたい、弾きたいと思う。

その心が、豊かな表現につながっていきます。
感じられ、聴きわけることができれば、より音色や音楽を求める
気持ちも湧いてきます。
レッスンでいちばん大切にしているのが、
この、よりよい音楽を求める心 です。

ただ音を並べただけ、とか、指はまわるが表情がない、
という演奏は、淋しいです。
かんぺきな演奏が、心を打つとも限りません。

ピアノは、○×のつくテストや、単なる技術ではなく、
ほかの人と比べたり、計ったり、するものでもありません。

ミスがあっても、指がまわらなくても、
音でお話して、言いたいことを言えるのがいいです。

レッスンでは、いつも響きを取り上げていきます。
譜が読める前から、音色を弾きわけること、 よい音を出すこと、
表情を出すことなどに触れていきます。


つぎへ