ピアノと暮らす

3.技術について
 
技術(テクニック)は、それ自体が目的なのではなくて、
表現したい音楽を、実際の音に出せるようにするためのもの。

クラシック音楽では、この技術である奏法に、
伝統的な、確固としたものがあるので、
敷居が高いというイメージがあるかもしれません。

でもこの奏法は、どなたでもまなぶことができます。

お教室では、
先生やお母さんがいなくてもじぶんで譜が読め、
音楽のつくりがわかり、じぶんできちんと弾けるようになること、
それから、曲を音楽的に仕上げていくための手立てを身につけること、
のふたつを
どなたにも目標にしていただいて、
おけいこをすすめています。

お子さんについては、個人レッスンのほかに、
音楽ワーク(聴く、うたう、書く、など)のグループレッスンも
行っています。
多くのお子さんが、楽しんでワークをすすめています。


つぎへ