ピアノと暮らす

4.のんびり、のびのび
 
一般的に、ピアノというと、お子さんのお稽古事というイメージが強く、
ピアノを弾けるようにするために、つまり技術習得のために
ピアノを習おうと考える方は多くいらっしゃいます。
そして、技術は欠かせないものです。

でも、繰り返しになりますが、ピアノはうたと同じ表現なので、
間違えないで弾けるように、とか、
難しい曲をマスターする、ということだけを目標にしてしまうと
味気ないものになってしまうのですね。

お子さんがピアノをまなべるチャンスがあるときは、
ご両親はそのことをよく配慮して、
のんびり、のびのび、お子さんがピアノでじぶんのうたをうたえるように、
見守ってあげるといいと思います。
だれにも、じぶんだけの音色やうたがあります。

そして、お教室では、ピアノを弾きたい大人の方を応援しています。

講師である本窪田も、ひとりのピアノ演奏者として
日々ピアノに向かい合っています。
そのせいか、大人になってピアノをという方を応援したい気持ちは強く、
大人の方々とのレッスンをとても楽しませていただいています。

現在も、遠方にお住まいの方、小さいお子さんのいらっしゃる方、
ピアノがご専門の方、などがいらしてくださっていますが、
レッスンを通して気づきを得ている、ほっとする、など、
嬉しいお声を戴いています。


つぎへ